FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾LIFE②『新しさと古さが混じっている不思議な港町・淡水』

11764825_1257523355.jpg さて、次に紹介するのは『淡水:ダンスェイ』という小さな港町。
 台北からMRTで40分位かかりました。
 淡水はさまざまな国に侵略を受けた時に、
 一番影響を受けた土地らしく、街の至る所に面影が残されていて
 異国情緒あふれる街でした。
確かに、台北では見かけなかったレンガ作りの建物が多く、お城や洋館なども沢山ありました。

1796年創設の福佑寺や1858年に創設の龍山寺、レンガ造りが絵になる紅毛城。
(写真がないのが残念です。。ごめんなさい。)11764825_1212681265.jpg
帰国してから調べてみたら、丘の上に立っていた紅毛城は、
1629年にこの地を占領したスペイン人が築いたお城の跡で、台湾の
歴史が移りゆくままに、オランダ、清、イギリスと渡ってきたそうです。
また、龍山寺は観音様など仏様とともに、航海の守護神や子授けの神様を祭った寺院らしいです。
清の光緒帝がフランスとの海戦を勝利に導いてくれた事に感謝して贈った額が飾られています。

他にも淡水について調べていたら、様々な建物に色んな歴史があって、すごく面白かったんですよね。同時に、私は現地で全てを理解できなかった事が本当に残念でした。紅毛城も龍山寺も行ったのに。調べてから行けばもっと楽しめたのに、ホント、バカだよなぁ~って思って。
でも、それは次に繋げればオッケーという事で!(笑)再び行く理由が出来たということで!(笑)
改めてまた訪れたいと思います。
少し大人になって、下準備をした旅が次回は実行できそうです。

11764825_3745041942.jpg このように歴史を感じつつも、
 淡水タウンにはお馴染みのショッピング・ 食べ歩きゾーンが続いてい
 て、同時に現地の人の生活感も見てとれます。
 淡水の街並みそのものに新しさと古さが混じっていて、とっても不思議
 なエリアでした。

私はOさんとお城めぐりをしていると、また空が怪しい雲行きになってきました。
そして、、また、雨。。。次第に大雨。。。

11764825_2327176242.jpgそうなんです、この国、週の4日位雨なんですよ。そのため、全ての屋台にビニールが常備されているんです。いつ雨が降り出しても、『よし、来たか~!』と、雨を待ちわびていたかの様に一瞬で屋根をつける屋台屋のおじちゃんやおばちゃん。その作業、早くてまさに職人技!!(笑
ね、エネルギッシュな国なんですよ、ホント。
台湾人の女性が、日本人に比べたら少し地味でパンツスタイルなのも、そのせいでしょうか。

11764825_2758151418.jpg そして、もう一つ、エネルギッシュなおじさんの話。
 淡水タウンでビラ配りをしていた一人のおじさん。
 私達が行きの道で出会った時の彼は、通行人にひたすらチラシを渡して
 いました。しかし、ほとんどの人にビラは邪魔だ、広告はいらないよ、っ
 てな具合で断られていました。

11764825_2785895125.jpgその時は気にも止めなかったんですけど、
雨が降り出した帰り道で彼に再び出会いました。
彼は何やらジェスチャーを加えて、ビラを配っていました。
すると、ほとんどの人達がビラをとっていくではありませんか。
私達が近づいていくと、私達に向かってしていた彼のジェスチャーは、、

『是非、雨よけ使ってくれ!』というものでした(笑)

私もOさんもフッと吹き出してしまいました。『いいんだ?雨よけで(笑)』 『プライド持とうよ!』
突っ込まずにはいられませんでした(笑)
どうやら彼は、早くチラシをなくしたいだけみたいです。
わたしも学生時代に居酒屋のバイトでビラ配り経験していましたが、とても『雨よけに使って』
なんて言えないし、そんな事言えるような気持ちで仕事したくないですし。
そしてビラを受け取った淡水マダム達は、当然のようにビラを頭の上に置いて雨をよけていました。良いんだか、悪いんだか。。全くこの国は。。と思いながらも嫌いじゃないんですけどね(笑

この度4度目の台湾訪問で、また色んな出会いがあり、収穫があり、
目に見えない沢山のお土産を持って帰れました。

そして、Oさんの存在は本当に大きかった。
同じ国のルールを守り、同じ文化をもつ国で生きてきたOさんだからこそ、
共感できた私の価値観やOさんの価値観。
共感てホッとするんですよ。気持ちがいいし、嬉しくなる。

私にとって外国人のもつ価値観というか、観点そのものって全然違って面白いけど、
同じ日本人と共有した、ベースが似てるけど、どこか違う価値観もまたいい。

その一方で、育った国も文化も違う外国人と共感出来た時って、本当に感動しちゃいます。

例えば、言葉が出ないくらいの絶景を目にした時や、
世間話だけど共通の話をしている時や、
アルコールをのんで陽気な気分になっているとき。
みんな同じ人間なんだなぁって思います。
違っているものと、同じものと、共有してるものと、受け入れられるものと、受け入れられないもの。
文化や歴史、それに宗教、食生活、ルール、仕事、教育、娯楽、ファッション、流行...
この世界には何がどれだけ、あるんでしょうか。
この疑問を一生追及し続けそうな自分が少し恐いです(笑)

11764825_542690924.jpg そしてOさん二年も経ちゃいましたが、こんなわがままな私と
 一緒に旅をしてくれて本当にありがとうございました!!
 毎日が楽しかったです。
 自分の気持を120パーセント伝えられた事が嬉しかったです。
 日本語話せて幸せでした。
スポンサーサイト

台湾LIFE① 『九份-淡いオレンジの光とグレーの空の街-』

実は、この度4度目の訪問になりました。台湾。
私この国、ホントに好きなんです。何度でも行きたくなる、そんな魅力があるんです。
その魅力を、少しでも皆さんに伝えられたらいいな、と思って書いています。
11764825_236109138.jpg 
私が4度台北に訪問するうちに、
台湾人の友達はそれぞれの将来に向かって歩き出していました。
Meggi とPenny姉妹は晴れて結婚。そしてMeggiはお母さんになって
いました。Ivanは仕事で上海に、Joshも仕事で香港に行っちゃいました。
それは心から嬉しくもあり、少し淋しく、先の設計図のない私は、なんだか虚しくもある事でした。

それぞれ忙しくてタイミングも合わず、今回はみんなと会えない訪問でした。
そんな台湾訪問は初めてで、なんとなく不安だったけど、

11764825_1980971811.jpg 実は、今回の台湾旅行の数日間は最高のパートナーがいたんです。
連休がとれて、旅行の行き先はなんと台湾という前の職場の上司Oさん。
私はOさんの事は人間的にすごく好きだし、私より色んな世界を沢山知っているし、台湾に行く前からとても楽しみにしていました。

   私達は今回の台湾訪問で、絶対に行こうと決めていた場所がありました。
   今回紹介するのはその、『九份:チョウフェン』という街です。

11764825_912378777.jpgここは皆さんご存知の、『千と千尋の神隠し』の舞台にもなった街。
私も、今回は珍しくネットやガイドブックで九分を調べ上げました。
いつもは行き当たりばったりだけど、
Oさんはたったの2泊3日しかいないのだから、
迷惑かけちゃいけないなぁ~と思い、簡単なスケジュールは必要でした。
Oさんもすごく張り切ってて、
『いやぁ~地球の歩き方を裏切っちゃったよ~(笑)』なんて言いながら、
分厚くて最新のガイドブックを片手に、爽やかに登場しました。

しかし、当日は雨。。しかも並みの雨ではなく、大雨。。。
勿論限られた時間なので、スケジュールの変更もきかず、少しブルーな気持ちで台北を出発しました。
九份は小高い丘の上にあり、台北からバスと電車を乗り継いで約1時間くらいで辿り着きました。バスが走ったのはくねくねした山道で、酔いそうになり私達の気分は更に悪化。。

しかし!
ブルーな気分の私達が目にした九份の景色は、一瞬で気分を変える程の感動の世界でした!
11764825_1132534646.jpg
細長く曲がりくねった階段や坂道を照らす、小さな赤いちょうちん。
“かまじぃ”の仕事場ように、壁に小さな引き出しが沢山ついたお茶屋さん。
階段を上って後ろを振り返ると、真下に広がる海、山、景色。(絶景!)
今にも“顔なし”が出てきそうな、その世界観に一瞬に引き込まれて、私達は夢中で歩き出しました。
11764825_3924624229.jpg
曲がりくねった狭い歩道の両側には、かわいい下駄屋さんや、民族おもちゃ屋さん、駄菓子屋さん。それに勿論食の国ですので、屋台やお茶やさんがギッシリと並んでいて、プラプラ歩くだけでも本当に楽しいんですよ。
定員のおじちゃんやおばちゃんは陽気でニコニコしてる人ばっかりだし。

11764825_681833086.jpgここへ来て知った事だけど、千と千尋だけではなく、『悲情城市』という有名な映画の舞台にもなっていたそうです。そのロケ地にもなった有名なレストランや喫茶店もこの狭い街に立ち並んでいました。

そして、九份はもともと金の発掘で栄えた街らしいです。やがて、金脈は枯れ、街は寂れていったらしいんですが、その映画のおかげで観光スポットとして再び注目されるようになったそうです。街の周辺には金鉱で働いていた日本人の宿舎街や神社などもあり、その頃の面影が今でも残っているそうです。

ここへ来て、また一つ台湾の魅力を知っちゃいました。

11764825_2478807463.jpg淡いオレンジの光とグレーの空が似合う九份。昔の台湾の良さがそのまま残っています。今は台湾を代表する観光地になってるけど、できればこの空気感をずっとそのまま残して欲しいですね。
そしてこの日の雨は、しっとりしてレトロな九份の街を、更に盛り上げてくれていたに違いありません。

帰りのバスの中ではOさんと、『雨のおかげで風情があってよかったね』なんて話をしていました。まさに、恵みの雨。
九份大好きです。絶対にまた来たいですね。今度は泊まりがけで。

お久しぶりです。

ブログ、2年位ぶりに復活させました。

忙しかったんです、色々と!
なんて言い訳ですけど。

私の周りにもブログやmixiで日記を書いてる友達がいますが、
特に更新率の高い友達A!!
心から尊敬します。
よくまぁこんなに毎日考えて文章にして、、
軽く私の日課になってるよ(笑
彼のブログを見るたびに私は反省します。
あぁ、偉いなぁ。って。
文章作るのは好きなんですけどね。
口ではまとめられない事が、サラサラ説明できるから。

さて!
なんせ2年も放置していたのだから、私のブログを未だに読んでくれてる人なんて、
ほぼいないに等しいと思います。
ていうか、いないでしょうね~

いっその事、新しいブログを立ち上げようか、な~んて考えてました。。。
でもっ!

やはり、今まで更新してきた日記で紹介した経験は、
少なからず今の私を支えているものなんですよね。
それは私の原点で、
初めて自分の力で起こしたアクションで、
忘れかけてたものを思い出させてくれて、
モチベーションに繋がる!!

ってことは~
=リセットするわけにはいかない!!

ということで、ここはあえて、続けさせて頂きます。

ひっそり、始めたいと思います~♪
再復帰はこんな感じで~

そしてアメリカ以降の旅は過去の話にはなりますが、
まだまだ紹介したい場所が沢山ありますので、
どうか暖かい目で見守って下さい!!!

American Life⑤『Orange County』

P1060063.jpg皆さん、日本で少し前までエビちゃんがCMしていた、『OC』っていうアメリカのホームドラマをご存知でしょうか?『OC』とはOrangeCountyの愛称なのですが、その舞台にもなった、OrangeCountyに行って来ました♪OCは、ロサンゼルスからサンディエゴ方面に南下した場所に位置します。様々な企業が集中し、治安の良さから住宅開発が進み、不動産も上昇中の現在急速に発展している地域だそうです。
実際に行ってみて、本当にその通りで治安もよさそうだったし、生活基準の高い人たちの住む地域なんだなぁと感じました。街もヨーロッパ風な建物が並び、きれいに整備された場所が多く、とってもお上品な街でした★
11.jpg12.jpg世界中のサーファーが集まるビーチや、巨大ショッピングモール、ディズニーランド、大リーグ球場、空港、語学学校もあって、すごく暮らしやすそうな街です。最近はロスからOCに南下してくる日系企業や日本人が多いようで、年々人口も増えているそうです。その上、毎年アメリカの安全な都市ランキング上位に入るくらい犯罪が少ない場所です。
私はアメリカに滞在中にたくさんのビーチに行ったのですが、そのほとんどがOCにあるビーチでした。ハンティントンビーチ、ニューポート・ビーチ、ラグナビーチ。。。どこもキレイなビーチばかりでした♪私はOCを日本で見ていたので、IBSの先輩がOCに連れて行ってくれると聞いた時からとっても楽しみにしていました☆
ラグナビーチでも興奮しちゃって、もう、気分はセレブでした!!!13.jpg
ニューポート・ビーチをさらに南に向かうと、すぐにラグナビーチに入りました。山と海が重なってそのハーモニーがとっても美しく、素晴らしい場所です!感動して言葉に表せないくらいキレイでした。14.jpg
そんな海の見える小道をセレブな奥様がベビーカーを押しながら散歩をしていたりしました。こんな大自然を見て育つ子供は、大きくって素直で澄んだ心を持つ子に育つんだろうなぁー!うん、絶対そうだ、この子の将来は心の大きくて優しい子供だ、と私は勝手に想像していました。
51.jpgその絶景の美しさから、多くのアーティストをひき付けてきた街で、メインストリートには、アクセサリーを扱う店や、ビーチを描いた絵画が販売されているギャラリーなどが沢山並んでいました。52.jpg街のいたるところに地元の芸術家の作品が見られました。そして、サーフショップはもちろん、各種レストラン、バー、アイスクリームやチョコレートのスィーツショップなど、沢山の地元人でにぎわっていました。そんな人達を見て、私はここで1日軽く費やせるなぁ。と思ってました。
ビーチでのんびりして、ラグナダウンタウンを歩いて回るのも楽しかったし、疲れたらお洒落なカフェでちょっと休憩でもして、海は朝でも昼でも夕方でも最高だろうし、1日でも1週間でも余裕で費やせそうだなぁ。と街を歩いている時にずっと考えていました。
その結果、のんびり、ちょっと贅沢な時間を過ごすには絶対にココだ!と決めました。今回はバタバタの旅行の途中だけど、いつか絶対にココでのんびりする為だけにに来よう!と心に決めました。53.jpg
54.jpgそういえばこの街では、ビーチでビーチバレーをしている人も、カフェでコーヒーを飲んでる人も、街を歩いている人も、みんな穏やかな顔をしていたような気がします。私は、東南アジアからアメリカに飛んできてすごいギャップだったけど(笑、やっぱり、世界は広いです。本当に広いです。私が訪問してきた地域もほんの一握りで、まだまだ行ったことも、見た事もない場所が、沢山あるんだろうなぁとつくづく思います。この旅でつらい事もあったし、帰りたくなる日もあったし、逃げたくなることもあったけど、このアナザワールドにはすごいパワーの感動があります。
そんな辛い事を忘れるほどの、『リアル』にしか感じる事のできないパワーが詰まっています。『リアル』の世界には、心の中でモヤモヤしてるものを一瞬で吹き飛ばしちゃう程の、何かがあります。それが、人との出会いだったり、言葉に表せない程の景色だったり、ごく普通の日常だったりしますが、この感動を感じちゃったら、もう、じっとしてはいられません。こんな旅が続けられるのも、帰る場所があるからなんですけどね。待っていてくれる人の大事さを心から感じながら、シオリは今日もアナザワールドを探しに元気に出かけています!!

Amirican Life④『HOLLY WOOD☆』

P1060038.jpgP1060036.jpgHOLLYWOODに行って来ました☆ここは、毎日観光客でにぎわっていて日本語も結構耳にしました。街ではスヌーピー、スパイダーマン、ジャックスパロウなど有名人が観光客を喜ばせようと待ち構えています。私達が歩いていると、スパイダーマンに何か投げられてすごくビックリしました。スパイダーマンは少し高い位置で待ち構えていた為に全然気付かず、『ギャー!』って悲鳴をあげてしまいました。悔しかったので盗撮しました(笑(本当は1ドルいります。)HOLLYWOODは世界的にとても有名ですし、私が紹介しても、皆さんの知ってる事ばかりだと思うので(笑、今回は私が聞いたHOLLYWOODに関わる有名なエピソードを紹介しようと思います!
皆さんも良くご存知のHOLLYWOODサイン。。画像 104実は、HOLLYWOODサインは『HOLLYWOODLAND』の13文字だったらしいです。なぜ、『LAND』が消えたのかと言うと、その昔、ある有名なイギリス人の女優さんが、拠点をロンドンからハリウッドに移しました。しかし、ハリウッドに来た途端に彼女は仕事に恵まれず、主演舞台はあるもののヒットはせず、そんな毎日を過ごしていました。どんどん思いつめるP1060021.jpg日々が続いて、ある日、彼女はHOLLYWOODが一望できる、HOLLYWOODLANDのサインの上から身を投げ出してしまいます。その時、サインにはたまたま作業員が残していったはしごがかけられていたそうです。彼女が自殺したその日、彼女の家には1通の手紙が届いていました。それは有名な舞台の主演依頼のお手紙でした。しかも、それは自分が自殺をする役だったそうです。。。P1060023.jpgP1060039.jpg怖いですね。私はこの話を聞いた時に鳥肌がたちました。13文字は不吉だ、という事でLANDはなくなりました。これは地球の歩き方にも載っている有名なお話です。今はそんなちょっとゾクッとするエピソードがあったなんて考えられないような賑やかな街になっています。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。