FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

American Life⑤『Orange County』

P1060063.jpg皆さん、日本で少し前までエビちゃんがCMしていた、『OC』っていうアメリカのホームドラマをご存知でしょうか?『OC』とはOrangeCountyの愛称なのですが、その舞台にもなった、OrangeCountyに行って来ました♪OCは、ロサンゼルスからサンディエゴ方面に南下した場所に位置します。様々な企業が集中し、治安の良さから住宅開発が進み、不動産も上昇中の現在急速に発展している地域だそうです。
実際に行ってみて、本当にその通りで治安もよさそうだったし、生活基準の高い人たちの住む地域なんだなぁと感じました。街もヨーロッパ風な建物が並び、きれいに整備された場所が多く、とってもお上品な街でした★
11.jpg12.jpg世界中のサーファーが集まるビーチや、巨大ショッピングモール、ディズニーランド、大リーグ球場、空港、語学学校もあって、すごく暮らしやすそうな街です。最近はロスからOCに南下してくる日系企業や日本人が多いようで、年々人口も増えているそうです。その上、毎年アメリカの安全な都市ランキング上位に入るくらい犯罪が少ない場所です。
私はアメリカに滞在中にたくさんのビーチに行ったのですが、そのほとんどがOCにあるビーチでした。ハンティントンビーチ、ニューポート・ビーチ、ラグナビーチ。。。どこもキレイなビーチばかりでした♪私はOCを日本で見ていたので、IBSの先輩がOCに連れて行ってくれると聞いた時からとっても楽しみにしていました☆
ラグナビーチでも興奮しちゃって、もう、気分はセレブでした!!!13.jpg
ニューポート・ビーチをさらに南に向かうと、すぐにラグナビーチに入りました。山と海が重なってそのハーモニーがとっても美しく、素晴らしい場所です!感動して言葉に表せないくらいキレイでした。14.jpg
そんな海の見える小道をセレブな奥様がベビーカーを押しながら散歩をしていたりしました。こんな大自然を見て育つ子供は、大きくって素直で澄んだ心を持つ子に育つんだろうなぁー!うん、絶対そうだ、この子の将来は心の大きくて優しい子供だ、と私は勝手に想像していました。
51.jpgその絶景の美しさから、多くのアーティストをひき付けてきた街で、メインストリートには、アクセサリーを扱う店や、ビーチを描いた絵画が販売されているギャラリーなどが沢山並んでいました。52.jpg街のいたるところに地元の芸術家の作品が見られました。そして、サーフショップはもちろん、各種レストラン、バー、アイスクリームやチョコレートのスィーツショップなど、沢山の地元人でにぎわっていました。そんな人達を見て、私はここで1日軽く費やせるなぁ。と思ってました。
ビーチでのんびりして、ラグナダウンタウンを歩いて回るのも楽しかったし、疲れたらお洒落なカフェでちょっと休憩でもして、海は朝でも昼でも夕方でも最高だろうし、1日でも1週間でも余裕で費やせそうだなぁ。と街を歩いている時にずっと考えていました。
その結果、のんびり、ちょっと贅沢な時間を過ごすには絶対にココだ!と決めました。今回はバタバタの旅行の途中だけど、いつか絶対にココでのんびりする為だけにに来よう!と心に決めました。53.jpg
54.jpgそういえばこの街では、ビーチでビーチバレーをしている人も、カフェでコーヒーを飲んでる人も、街を歩いている人も、みんな穏やかな顔をしていたような気がします。私は、東南アジアからアメリカに飛んできてすごいギャップだったけど(笑、やっぱり、世界は広いです。本当に広いです。私が訪問してきた地域もほんの一握りで、まだまだ行ったことも、見た事もない場所が、沢山あるんだろうなぁとつくづく思います。この旅でつらい事もあったし、帰りたくなる日もあったし、逃げたくなることもあったけど、このアナザワールドにはすごいパワーの感動があります。
そんな辛い事を忘れるほどの、『リアル』にしか感じる事のできないパワーが詰まっています。『リアル』の世界には、心の中でモヤモヤしてるものを一瞬で吹き飛ばしちゃう程の、何かがあります。それが、人との出会いだったり、言葉に表せない程の景色だったり、ごく普通の日常だったりしますが、この感動を感じちゃったら、もう、じっとしてはいられません。こんな旅が続けられるのも、帰る場所があるからなんですけどね。待っていてくれる人の大事さを心から感じながら、シオリは今日もアナザワールドを探しに元気に出かけています!!
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。