FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北第1の商港・大連★

次は大連に行った時のお話です。今回は学生時代の中国人留学生宅に、友人といったからプランが組まれていて..残念ながら、冒険できず...(泣
でも彼の用意したプランは充分充実していて大満足でした!
私は中国は北京に続く三回目の訪問だったのですが、まず大連の発展に驚きました。
ココ、本当に中国?って思うほどヨーロッパ風の建物がたくさん並び、高層ビルで囲まれていました。同じ中国でも北京とはまた違った印象を受けました。
★

しかし、やはりココは中国でした(笑
行ってすぐに車にひかれそうになり、あぁそうだった、ココは車優先の交通だった...と思っていたのもつかの間、また次のトラックにひかれそうになりました。
もう道路がめちゃくちゃです。車線なんて関係ないし(っていうかほとんど消えていて見えません)、ウィンカーなんて出さず急に曲がるからもう大変!クラクションなり放題!

もしひかれたら、たとえ歩行者の信号が青でも、渡った私が悪いんです。のろのろ歩いて渡った日にはもうサヨナラ。ちなみに私は横切る時全力疾走でしたが、まぁ道路は渡るなって事ですね。一度中国の自動車学校に通ってみたいものです。一体どんな指導してるんだ!

日本の交通って真逆です。人が優先だし、車線変更ですらウィンカーを出すのがルールです。
交通整備もあまりされていない中国、(この緩やかな山あり谷ありの道路は車内で眠るには最適です。)この国に慣れる為には相当のエネルギーが必要みたいです。

そんな私を笑顔で見守る中国人S氏。中国は犬料理あるよーなんて笑顔で言っています。。
苦笑いで始まった旅行でした。

気を取り直して、日露戦争の跡地に行きました。
日本人として、1度は行って見たかった場所でもあったのですが、やはり複雑な思いでした。
そこに向かう途中S氏に『日本語はあまりしゃべらないでね』と言われ、更に複雑な思いで向かいました。
行ってすぐ、ガイドの方が日本語で説明を始めました。きっとロシア語も話せるガイドもいるでしょう。日本人、ロシア人が残した爪痕は想像よりも遥かに深く、戦争が終わっても未だに残っていました。
私が生まれる約80年ほど前の話なのに、なぜか私は悲しい気持ちだけではなく、後ろめたい気持ちまでも感じていました。跡地の周辺にはロシア人が作ったであろう、窓が大きくてアジア人には必要以上の高さの宿舎が古いけど確かに、残っていました。
♪


大連はもともとロシアが1898年に租借して作った都市、ダルニーという名前で、大連と言う名になったのは私が生まれるたった4年前の話です。
この土地をめぐって、様々な争いを繰り返した後、やっと返還され東北第1の商港、今の大連があります。
戦争の爪痕がずっと残るのは確かに残酷ではありますが、ずっと残していかなければならないんですね。二度とこんな事が起きない為にも、中国人はずっと語り続けるでしょう。

暗い話になっちゃいましたが、他にも水族館、展望台、地下四階まである百貨店、世界第五位のゴルフ場、マッサージ、大橋など本当に沢山の場所に行きました。
毎日歩いて歩いて、歩き疲れて眠りました。
2006.9.15 056


今回、苦笑いで始まった旅は確かにその通りで、車にひかれそうになるだけでなく、5スターホテルは5スターと感じれるサービスではなかったし、何の料理であたったのかわからないけど死ぬかと思うくらい苦しんだし...散々な思いをしました。

でも大事な事に沢山気付けた気がします。
今まで当たり前に暮らしていた日本は本当に便利で素晴らしい国だって事。こんなサービス大国はどこを探しても日本だけだし、繊細な日本人の心は、人間の心の奥底の細かい所を気遣って、日本には便利なものが沢山ある。
しかし...このままでいいのでしょうか。

よく、中国は日本の戦後の姿だという話を耳にします。大連に来て、道ばたで近所の人達が集まってカードゲームのような事をしていました。ちっちゃい丸イスをおいてテーブルを囲んでいて、本当に楽しそうな顔をしていました。すごく流行っているみたいでその光景は何度も何度も目にしました。そこには、よくテレビや映画で目にする、戦後の日本の光景が広がっていました。

便利と引き換えに、日本が失ってきたモノって沢山ありますよね。家族との対話、近所付き合い...今の日本に取り戻せるでしょうか?今の日本には厳しい事かもしれません。しかし、日本が失ったもの、取り戻さないといけない事、ココに来て教えられた気がします。

そして中国人S氏。彼は自分の国について私がした全ての質問について本当に詳しく知っていました。郷土愛なのか、愛国心なのか、、、とにかく、彼は立派な国際人です。
少なくとも自分の住んでいる所は胸を張って案内できる、ココが好きだ!ココが私の生まれた街の素晴らしい所だよ!って堂々と言えるような、そんな人になりたいと強く思いました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

非常に貴重な体験ですねv-14
そんな歴史的な場所にいけたのはいいことだ。
日露戦争とかっていうのは教科書でしか知らない世界なんだけど、実際に見れてまた考えとか変わるかもね。¥e-466
また新たなブログを期待しますんでガンガン盛り上げていこうv-218v-8

コメントありがとうv-237
大連の旅は本当にいい経験になったよ♪
これからまた歴史の事でわからない事とか聞くと思うけど色々教えてねv-22
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。